■ 犬用ワクチン

           ・犬パルボウィルス感染症

              激しい下痢、嘔吐を起し、食欲がなくなり衰弱していきます(腸炎型)。
              また、子イヌに対して突然死を起すこともあります(心筋炎型)。
              感染犬の便中には大量のウイルスが排泄され感染源となります。伝染力が強く、
              犬ジステンパーと並んで子イヌにとって死亡率の高い恐ろしい伝染病です。


           ・犬ジステンパー

              犬ジステンパーウイルスの感染によって発病します。このウイルスは感染犬の鼻水、目やに、尿などに含まれます。
              症状は、発病、下痢、鼻炎、結膜炎、 呼吸器および消火器障害を示し、神経症状を起こすこともあります。
              犬パルボウイルス感染症と同様に 、特に子イヌでは死亡率の高い伝染病として恐れられています。


           ・犬パラインフルエンザウイルス感染症

              犬パラインフルエンザウイルスは「Kennel Cough(ケンネルコフ:犬の呼吸器症候群)」の原因の1つです。
              咳、鼻水などの呼吸器症状(風邪の症状)を示します。感染犬は咳などでウイルスをまきちらします。
              混合感染や二次感染を起すと重篤になります。

           ・犬伝染性喉頭気管炎(犬アデノウイルス2型感染症)

              犬アデノウイルス2型は犬パラインフルエンザウイルスと同様に「Kennel Cough]の原因の1つで、
              咳を主な症状とする呼吸器系疾患を起します。 特に、他のウイルスや細菌と混合感染することにより症状が重篤になります。


           ・犬伝染性肝炎

              犬伝染性喉頭気管炎と同様に犬アデノウイルス(1型)の感染によります。
              感染犬の便、尿、唾液などから経口感染します。 下痢、嘔吐、食欲不振などを示し肝炎を起します。


           ・犬レプトスピラ病(カニコーラ型/イクテロヘモラジー型)

              レプトスピラという細菌が原因の伝染病で、感染動物の尿中に細菌が排出され環境を汚染し感染源となります。
              症状は尿毒症、腎炎などを起す場合(カニコーラ型)と、黄疸などの症状を起す場合(イクテロヘモラジー型)があります。
              ヒトにも感染する人畜共通感染症の1つです。




            ■ 猫用ワクチン

           ・猫カリシウイルス感染症

              この病気にかかる猫は非常に多く、風邪によく似たくしゃみ、鼻水、軽度の発熱などの症状を起こします。
              口腔内に潰瘍、水疱ができるのが特徴で、稀に急性結膜炎、鼻炎、一過性の発熱が見られる他、関節と筋肉の痛みから跛行
              (うまく歩けない) になることもあります。また、子猫の場合は他の病気との合併症により症状が悪化し、
              死亡することもあります。 キャリアー(ウイルスを体内に持っている猫)から感染します。


           ・猫ウイルス性鼻気管炎

              風邪によく似たくしゃみ、鼻水、軽度の発熱などの症状の他、角膜炎や結膜炎が見られ、
              重症になると死亡することもあります。 キャリアーからの感染の他、空気中の微粒子、食器、寝具などからも感染します。


           ・猫汎白血球減少症

              子猫では食欲、元気消失、発熱、嘔吐、下痢などの症状が見られることもある死亡率の高い病気です。
              妊娠中の母親が感染すると流産、 異常産を起こすこともあります。経過が速く、治療が困難なため、
              ワクチンによる予防が有効です。


inserted by FC2 system